ライブセミナー導入のメリットとは…!?


こんにちは!セールス&マーケティンググループの岡本です。
本日は基本に立ち返りまして、ライブセミナーを行うことによる”メリット“をみなさまにお伝えしたいと思います。

現在、日本全国各地で非常に多くのセミナーが開催されております。
ex.)自社製品の紹介、リード顧客の獲得、代理店教育(顧客教育)、講演会…

企業がセミナーを開催する理由は実に様々ですが、「より多くの情報を効率よく収集したい」と考える忙しいビジネスパーソンにとって、ライブセミナーを活用して情報発信するメリットはとても大きいです。

具体的にどのようなメリットがあるのか、ポイントに分けてご説明します。

① 会場に行かなくても、セミナーを実施し、参加してもらうことが可能

ライブセミナーを活用することによる一番大きいメリットがこれだと思います。
といいますのも、
実際に会場を借りるセミナー(会場型セミナー)では、運営側も参加者側も数多くの手間が必要となります。

●会場型セミナーを実施する場合に想定されうる手間
運営側(企業側):会場手配、会場利用費の負担、参加者の交通費補助(※場合による)
参加者側:交通費の負担、移動時間の拘束(地方滞在者は、都市部に移動する手間が発生します)

というような多くの”手間”が必要です。
ライブセミナーをご利用頂くと、例えば、都市部で開催されるセミナーであっても、受講者は自宅のPCから視聴できますし、スマートフォンであれば外出先でも気軽に参加できますので、忙しいビジネスパーソンでも常に最新の情報を収集することができます。

② 録画機能を使うと、見たい時にいつでもセミナー内容を閲覧可能

ライブセミナーシステムには、ライブ配信したものを録画できる機能が搭載されております。

ライブセミナーは”生放送”が前提なので、その時間に予定がある方は参加することができないのですが、そのような方々のために、セミナーの模様を録画しておき、後日録画したものを案内頂くことで、見れなかった方にも内容を伝えることが可能です。

③ チャット、質問、アンケート機能でインタラクティブなコミュニケーションが可能。

会場型のセミナーでは質疑応答の時間が設けられている事が多いです。

ライブセミナーの仕組みでも、チャットや質問、そしてアンケート機能といったツールを備えておりますので、視聴者とインタラクティブなコミュニケーションを図ることができます。

むしろ会場型のセミナーですと、講師と対面でやりとりをしますので、なかなか質疑応答が活性化しないということがあるのですが、ライブセミナーであれば、良い意味で顔が見えない分、視聴者は本音で質疑応答のやり取りができるので、ライブセミナーの方が質問が活性化することもしばしばあります。
(こればかりは「日本人ならではだな…」と私は感じているのですが…。)

以上がライブセミナーを導入することによる”メリット“だと考えています。
やはり、会場型セミナーよりも物理的制約、金銭的制約なく実現できるWEBセミナーは、受講者へ効果的に情報を伝える手段としては非常に適したツールなのではないでしょうか?!

上記のメリットを、ロゴスウェアのライブセミナーシステム「GigaCast」であれば、

・高品質の資料・映像音声でライブ配信が可能
・導入コストを抑えて、低価格でセミナーが実現可能
・セミナー準備~実施後のフォローまでワンストップで提供可能

というような特徴を備えております。
その他にもGigaCastならではの特徴や、他社製品との機能の違いについても以下のページにもまとめていますので、よろしければご確認ください。

他社製品でできることはLOGOSWARE GigaCastでも出来ますか?
他社製品にはないLOGOSWARE GigaCastならではの売り

今流行りのWEBセミナー、今後もさらに多くの企業様で活用が進んでいくことだと思います。ご興味のある方はぜひ一度ご検討下さい。

★ライブセミナーシステム「GigaCast」の価格はコチラ

The following two tabs change content below.
カテゴリー: GigaCast(ライブセミナー配信システム) パーマリンク

コメントは停止中です。