THiNQ Reportを使ってみよう!


LOGOSWAREチャンネル・ナビゲーターの三木です。
本日の放送で実演した「THiNQ Report(学習履歴管理用サーバー機能)」について、
画面キャプチャとともに使い方をご紹介いたします。

スポットでの回答履歴管理やアンケート集計にはとっても便利ですし、
なにより無料!(※エキスパート版をご利用の方にのみ提供。1,000レコードまで)
THiNQ Makerでクイズやアンケートを制作されている方はぜひ試してみてくださいね。

 



【準備】

・Googleアカウントの取得(無料)とGmail設定
・THiNQ Makerエキスパート版ライセンスキー認証

 

【さあ、THiNQ Reportを使ってみましょう】
今回は最低限の設定のみで簡単にいきま~す!

1)コンテンツへの設定
THiNQ Reportを利用するときは、THiNQ Makerから書き出すコンテンツにいくつか専用の設定をします。

・コンテンツ設定>書き出し を選択

①ログ保存機能:「あり」を選択
②Googleアカウントを入力(*****@gmail.com)
③コンテンツID:任意の半角英数字を入力
④ユーザー情報入力:「あり」を選択すると、受講結果を受講者ごとに区別可能

・あとは通常のコンテンツと同様に、ディレクトリを設定して「書き出し」をクリック!
(詳細はTHiNQ Maker本体のマニュアルをご覧くださいね)

2)コンテンツ受講時
上記の設定④でユーザー情報入力「あり」を選択すると、
コンテンツ受講時に「ユーザー情報」として任意の文字列の入力を求められます。

3)THiNQ Reportにログイン
ログインにはGoogleアカウントとパスワードが必要です。

受講者データが表示されています♪

・上のキャプチャで表示されている画面(メニュー>受講結果の「受講結果リスト」)では、
THiNQコンテンツから蓄積された受講結果を受講単位で閲覧、ソートできます。CSVダウンロードも可能です。

その他の画面でデータをどのよう表示できるかや、このエントリで紹介していない詳しい設定については
THiNQ Reportのマニュアルをご確認くださいね。

 


 

「履歴管理」なんていうと難しそうですが、THiNQ Reportならこんなに簡単♪
LMSを導入するほどのしっかりした管理は必要ない場合、
コストを抑えて簡単な管理をしたい場合にはぜひTHiNQ Reportを使ってみてくださいね。

ロゴスウェア製品は様々な機能であなたをサポートしますよ~!

 

The following two tabs change content below.

ロゴスウェア

ロゴスウェア株式会社は、インターネットや情報技術を使って学習に革新的進化をもたらす製品を開発することを目標に、2001年7月に設立されたテクノロジー系ベンチャー企業です。
カテゴリー: THiNQ Maker(クイズ・テスト作成ソフト) パーマリンク

コメントは停止中です。