パワーポイントで資料を作る(1)


はじめまして、セールス&マーケティンググループのkomuroです。私もブログを書かせていただくことになりました、どうぞお手柔らかに。。


さて早速ですが、みなさんはどのように資料を作成していますか?


当社はeラーニング業界にカテゴライズされています。eラーニングと言っても、そのあり方や方法は実に多種多様ですが、当社のサービスの一つに、PowerPointから「講義で学ぶ」形式のeラーニング教材を制作する、「STORM制作サービス」というものがあります。そのeラーニング教材は、基本的にはお客様に作成頂きます。簡単に言うと、PPT形式にまとめられた資料をお預かりして、eラーニング教材に仕立ててご納品しているのですが、元となる資料=パワーポイントって、みなさんどういう過程を経て作成されているのかなぁ?と、ふと疑問に思った次第です。

ビジネス書を読んだり、他人が作成した資料を意識的に見たり、色々な方法で資料作成の仕方を習得されてると思いますが、一番多いパターンは、上長に見てもらうことでしょうか。

私の場合は、最初の会社の上長が作成した資料をマジマジを見て、学ばせていただきました。それから、業務をこなしていく過程でいろんな資料を目にし、学ばせていただきましたね。


まあ、おそらく、資料の作成方法については人それぞれあるかと思います。

そこで今回から何回かにわたって、私の資料作成の流れをご紹介することで、パワーポイントで資料を作成する方々に、少しでも何らかの益があれば、と考えました。


…という予告で、今回はお開きと致します。次回を楽しみにしていただけると幸いです。


ちなみに、私の資料作成のバイブルは、その上長に薦めていただいた「パワー・プレゼンテーション (グロービス思考シリーズ)  ジェリー・ワイズマン」です(※アフィリエイトリンクではないのでご安心ください)。

ですが、特にそれに沿って話をするつもりはありません。気になる方はどうぞご購入ください。良著だと思います。

The following two tabs change content below.

ロゴスウェア

ロゴスウェア株式会社は、インターネットや情報技術を使って学習に革新的進化をもたらす製品を開発することを目標に、2001年7月に設立されたテクノロジー系ベンチャー企業です。
カテゴリー: プレゼン型コンテンツ制作 パーマリンク

コメントは停止中です。