FLIPPER3のURL紹介機能(PDFではなくFLIPPERを使う理由①) 


ロゴスウェアでは、FLIPPER3 Makerというデジタルブック作成ソフトの開発・販売やそれを利用した制作サービスを行っています。カタログ、パンフレット、マニュアル、などのドキュメント類を手軽にデジタルブック化してWebで閲覧できるようにものです。

ファイルをPDF形式でアップしておけばいいのでは? という声もときどき聞くのですが、FLIPPER3 にすると、PDFでは得られない数々の利点があります。

その一つが、URL紹介機能です。

まずは、ここをクリックしてみてください。

ブックの中の特定部分が直接閲覧できたと思います。これはPDFでは得られない体験です。

この機能は、次のような人たちの仕事を助けます。

  • 顧客サポートの仕事

問い合わせをしてきてくれたお客様に、製品の機能や操作方法を説明したりする場合、マニュアルやTIPSドキュメントの記述を参照してもらうことは良くあることだと思います。

今はどうやっていますか? 「XXXマニュアルのXXXページのXXX行目を参照してください」と書いていたりしますか? あるいは該当部分を画像キャプチャしてメール添付で送ったりしていますか?

FLIPPER3を使えば、URLをメールにペーストして送るだけなので、送る人にとっても受け取る人にとってもとても楽です。

  • セールスの仕事

これも同様です。たくさんの商品が掲載されたカタログ類の中の特定商品をお客様に伝える場合に役に立ちます。お客様宛てのメール文の中にURLを貼り付けるだけなので簡単です。

  • マーケティングの仕事

もちろん、メール文だけでなく、ウェブサイトにリンクを貼って、紹介したい商品のデジタルブックを閲覧してもらうことも有効です。特定の商品の部分に一発で飛びます。ブログの中に使うことも効果的です。

この機能を使うのはとても簡単です。FLIPPER3 で作成されたデジタルブックを開くと、「URLを紹介」というボタンがありますので、それをクリックします。ハイライトさせたい領域をマウスで選択して、「クリップボードにコピー」ボタンを押せば、URLが出来上がりました。後は、メールの中でも、ブログの中でも、必要なところでペーストを押して完了です。

次のビデオでも機能紹介しているので参照してみてください。

あ、最後に、リンク先のデジタルブックは、iPhoneでもiPadでも閲覧できます。これも重要なことですね。今やお客様はメールやウェブサイトをパソコンで見ているとは限らないのですから。

カテゴリー: デジタルブック制作 パーマリンク

コメントは停止中です。