【POWERLIVE GigaCast】CDNってナンだ!?


昨年12月にリリースしたWebセミナーシステム「POWERLIVE GigaCast」。第1号ユーザーになって頂けた外為どっとコム様をはじめ、この1年間で証券業界のオンラインセミナーでは、多数のお客様にご利用頂ける様になりました。

私自身、担当として様々な業界/業種の方々に、POWERLIVE GigaCastをご紹介xさせて頂くのですが、必ずといっていいほど聞かれることがあります。今回のタイトルにあります『CDNってナンだ!?』という質問です。

「CDN」とは、(C)コンテンツ(D)デリバリー(N)ネットワーク!の略で大雑把に言いますと「大容量コンテンツを負荷分散しながら配信する、特別な回線網」の役割をします。
この「特別な回線網」は、既に作られたコンテンツ(オンデマンドコンテンツと良く言います)を流す仕組に昔から利用されています。(皆さんご存じ「YouTube」にも使われているようです)

世界中のウン千人といった規模の人達が、一斉に同じ映像コンテンツを見ている時があります。
その時、大元のコンテンツを置いている基地局(サーバーや回線網)の「分身」となって、世界中の人達にコンテンツを安定的に配信してくれるのです。

※自分の母親(PC知識ゼロ)にもわかる様な表現にしてみました。PCをご存じの方はこちらをご覧頂いた方が理解できるかと思います。

そして、リアルタイムセミナーに、CDNを活用したシステムが『POWERLIVE GigaCast』です。
今までのセミナーシステムは、大元の映像配信サーバーに参加者/講師全てが繋がる仕組になっていました。その為、サーバーに負荷がかかり過ぎる為に同時接続人数に限界があったり、少人数でも処理が追い付かなくなってしまい、映像が途切れてしまったり。。

POWERLIVE GigaCastでしたら、そのような心配はありません。
ロゴスウェア独自のノウハウが詰まったシステムに加えて、今回ご紹介したCDNを使用することで、たとえ数千人規模のWebセミナーでも安定した実施が可能です。

鮮明な映像や資料を用いて、安心してWebセミナーを開催したい方はぜひお気軽に当社までご連絡下さい。

お問合せはこちら

カテゴリー: GigaCast(ライブセミナー配信システム) パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です