ビデオカメラを使ってます


LOGOSWAREチャンネル、ディレクター、タカハシです。

昨日の放送はいかがでしたか?ご覧いただけましたか?
僕は前回「改善しました!」とお知らせしたデスクトップキャプチャが、ちゃんとキレイに出力されていたので一安心でした。

さて、使用機材の話です。
今日はカメラの話。
2011.3.11時点で、LOGOSWAREチャンネルでは、市販のビデオカメラをメインで使ってます。

映すだけなら普通のウェブカメラでも問題がなく出来るのですが、あえてビデオカメラにしたのは、以下の理由です

1.ズームイン・アウトの機能がある事
2.三脚に固定した時に安定感がある事
3.ピント、露出を、固定出来る事
4.上記を、カメラ本体を操作する事で設定出来る事

では解説を

ズーム機能がないと、カメラの位置を動かして、画面に映る物を調整する事になります。
そして、三脚に上手く固定できないと、パン(カメラを左右に振ったり)、ティルト(上下に振ったり)した時にカメラがグラグラしたり、傾いたりします。
(普通のWEBカメラでは、三脚で止める為のねじ穴がない物が多く、固定しづらいです)

「でも、LOGOSWAREチャンネルではカメラあんまり動いてないじゃん」

と思った方。
その通りです。ライブセミナーの様な形態の番組で、
放送中にズームイン・アウトを使用したり、カメラを振ったりする事は、実はあまりありません。
少なくても現時点でのLOGOSWAREチャンネルでは。

では、いつ使うのか?

カメラセッティング時です。

「もうちょっと前」とか「心持ち、右によせて」とか「少し上向いちゃってるからカメラ下げて」とか。
これ、結構メンドクサイです。

LOGOSWAREチャンネルのスタジオは、本来は会議室として使用されています。
設営、撤収は極力速やかに行える様にしたい
三脚に固定して、ズームで画面に映る三木のサイズを決めて、少しカメラの位置をパン棒で振ってあげて終わり、というのが一番効率がいいんじゃないか?と思いました。

長くなったので、
3.ピント、露出を、固定出来る事
4.上記を、カメラ本体を操作する事で設定出来る事
は次回に回します。

さて、今日は
今、セミナーが変わる
が放送します。今日は本番中にズーム機能を使う数少ない番組だったりします♪
お楽しみに。

The following two tabs change content below.

ロゴスウェア

ロゴスウェア株式会社は、インターネットや情報技術を使って学習に革新的進化をもたらす製品を開発することを目標に、2001年7月に設立されたテクノロジー系ベンチャー企業です。
カテゴリー: GigaCast(ライブセミナー配信システム) パーマリンク

コメントは停止中です。