デジタルブックが開けない!書き出したブックデータをパソコン上で確認するベストな方法


デジタルブック作成ソフト「FLIPPER U」から書き出したデジタルブックや人から渡されたデジタルブック。

ひとつふたつなら中身を把握できるけれど、たくさんあるとどのフォルダがどんなデジタルブックだったか分からなくなりますよね。

でも、パソコン上で開こうとしてもエラーが出てしまって中身が確認できない。

そんなジレンマを解決する新しいツール「LOGOSWAREローカルビューアー」がリリースされました!

このデータって何のブックだっけ?

私も、Webサイト掲載用のサンプルブックを自分で作ったりします。

書き出した直後はどれが何のブックか分かるけど、あとからだとさっぱり分からない。
きちんとフォルダ分けして、名前つけて管理しておけばいいんでしょうけど、それでも、誰かにデータを渡す前だったり、サーバーにアップする前には確認したい。

デジタルブックのデータが開けない!

フォルダの中のindex.htmlをダブルクリックして~、と、HTMLサイトのファイルのような感覚で中身を確認しようとするとエラーが起きて開けない!

↑これこれ。

そうです。
FLIPPERブックはWebサーバー上で動作するように作られているため、パソコンのローカルではちょっと特殊なことをしないと開けないのです。

サーバーにアップとか時間かかるし面倒!

今までは、サーバーにブックのデータをアップして確認するか、ローカルでXAMPPを立ち上げて確認するしか方法がありませんでした。

サーバーにアップするのは時間がかかる。
しかも何だか分からないデータをサーバーにアップするのも気が引ける。

結局はZAMPPを立ち上げて確認していましたが、ふと思うのは「お客さまはZAMPP使えない人の方が圧倒的に多いよね」ということ。

魔法のツール「ローカルビューアー」で
タイトルと表紙をサクッと確認

この度リリースされた「LOGOSWAREローカルビューアー」は、こんな制作現場の日常的な悩みを解決するツールなんです!

LOGOSWAREローカルビューアーを起動して(起動も早い)、確認したいフォルダをえいやっ!と投げ込みます。

すると、ブックのタイトルや表紙などが表示されます。

私はこれだけで事足りることも多いです。
さらに「コンテンツを開く」ボタンをクリックすると、デジタルブックが開けます!

たったこれだけのことではありますが、日々ブックを作っている制作チームやマニュアル作成担当者、そしてWeb担当の私には必需品となりました。

FLIPPER Uをお使いのお客さまにはすでにダウンロードサイトをご案内済みではありますが、ブログでもご紹介してみました(^ ^)

ただいま無料配布中です!

「案内メールなんて来てたっけ?」「どっか行っちゃったな」「宣伝かと思って読まずに捨てたわ」というみなさま、お手数ですがお問い合わせいただければ幸いです m(_ _)m

あ!この「LOGOSWAREローカルビューアー」はFLIPPER Uをご利用中のお客さまに無償提供しています!

以前からオプション販売している「オフライン閲覧キット(有料)」とは全くの別モノのツールですので、ぜひぜひ使ってみてください♪

使い勝手のフィードバックもお待ちしております!

以上、デザイナー野呂でした ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

無料配布中のLWローカルビューアーが欲しい人はこちら

The following two tabs change content below.

野呂 綾子

デザイナー。WordPressを使ったWebサイト制作を担当してます。ロゴスウェア製品のデザインカスタマイズも承っております☆ ロゴスウェア株式会社勤務
カテゴリー: FLIPPER(デジタルブック作成ソフト), デジタルブック制作 パーマリンク

コメントは停止中です。