Webセミナーで必要なカメラやマイクとは??


こんにちは。セールス&マーケティンググループの岡本です。

大変ありがたいことに、年度末は大忙しでバタバタしております!(笑)
その中で様々なお客様から、より多くの方へ情報発信を行うための手段として
「Webセミナーを実施したい」というお問合せを頂きます。

さて、「Webセミナーを実施するためにはどのようなカメラやマイクを用意すれば良いのか?」ということをみなさんはご存知でしょうか?

「テレビ局並みの高機能なカメラを用意しなければいけないんじゃないの?」

「音響設備が整っているスタジオでないと配信できないんじゃないの?」

と、お考えの方はとても多いです。

たしかに専用スタジオや高機能な音響設備を用意すれば高品質なセミナー配信は可能なのですが、その分コストが膨れ上がってしまいます…(TдT)

もっと “手軽に(気軽に)”、”低コスト”に配信したいですよね??^^
LOGOSWARE GigaCast であれば身近にあるようなWebカメラやマイクで自社会議室からセミナーを配信といったことも可能です!

Webセミナー配信に適したカメラとは?

配信するセミナーのバリエーション(例えば、バストアップ形式の講師単独のセミナー、複数名での対談形式のセミナー)にもよるのですが、弊社の個人的な見解では、Logicool社か、もしくはマイクロソフト社が出しているWEBカメラがおすすめです

ロゴスウェアのWebサイトでもいくつかWebカメラをご紹介しているのですが、
安いものだと、家電量販店で数千円程度で購入できたりしますので、
もしかするとWeb会議などを実施されている企業様などは、改めて購入せずとも今手元にあるもので代用できてしまう、なんてことあったりします。

たとえば下記のLogicool社製のWebカメラは3,000円以下で購入することもできます。

よく配信するパソコンの内蔵カメラを利用する方もいらっしゃいますが、内蔵カメラは配信中にパソコンの負荷を高めることになり、映像遅延や切断に繋がる原因にもなりかねないため、USB接続が可能な外付けのWebカメラをおすすめします。

また、もし会場で行っているセミナーの様子を中継したいということでしたら、
三脚で固定できるタイプのWebカメラをご用意頂くと良いと思います。

Webセミナー配信に適したマイクとは?

これまで様々なご用途で弊社のWebセミナーシステム「GigaCast」をご利用頂いておりますが、音質は映像以上にセミナーの印象を左右します。
(ラジオとかを聞いていてもノイズがひどいとストレスですし、疲れて聴く気がなくなってしまいますよね・・・ )

そのため音質は重視してマイクをお選びいただきたいです。

「音質重視」という点を考慮すると、弊社ではBlueMicrophones社製の「Yeti」の購入をおすすめします。

なんとなくですが、ラジオ局のDJマイクみたいでかっこいいですよね!!(・∀・)笑

およそ20,000円程度するのですが、弊社の新規お客様のほとんどがこのマイクをご購入されてます。音質がよく、集音方向(単一指向性/双指向性/無指向性)が選択できるため、一人で映るセミナーから複数名での対談、談話形式まで幅広く対応可能なマイクです。

逆に配信に適していない機材としては、パソコンに内蔵されているマイクです。
内蔵マイクは配信しているパソコンの負荷を高めることになり、映像遅延や切断に繋がる原因にもなりかねないため、USB接続が可能な外付けのマイクをおすすめします。(ちなみにYetiもUSB接続できます)

なお、ピンマイクで配信するという方法もありますが、パソコンへの挿し方がUSB接続でない場合は雑音が入りやすいためこちらもおすすめできません。

配信機材のご紹介&まとめ

上記でご紹介した機材含めて、ロゴスウェアのWebサイトでも配信機材をいくつかご紹介しております。どれもUSBで接続できるタイプとなっており、単独で配信する際のヘッドセットなど、上記以外にもいくつかご紹介をしております。
もしどんな機材を購入すべきか迷っている方は、ぜひご参考にして頂けると嬉しいです。

なお、LOGOSWARE GigaCastでは、「自社内でWebセミナーを配信したい!!」「地方在住のお客様にWebで気軽に情報発信したい」とお考えの方に向けて、無料体験版もご提供しております。

Webセミナーに適したWebカメラやマイクを揃えて、快適なWebセミナー運営を実現しましょう!

The following two tabs change content below.
カテゴリー: GigaCast(ライブセミナー配信システム) パーマリンク

コメントは停止中です。