閲覧2倍!閲覧者満足でどんどん見られる発行物への挑戦


発行物はちゃんと見られていますか?

英字新聞

どれくらい見られていますか?

毎月や毎期発行する広報誌や社内報ですが、配布しても時間が経つと忘れ去られてしまいます。

自治体・会社・学校・施設。

発行の場所は変わりますが、 発行担当者の悩みは変わらないのではないでしょうか。デザインやレイアウトに悩み、苦労して作り上げた本です。

もっと沢山の人に見てもらいたい。

そんな希望がありますよね。

 

今回は閲覧者に愛される広報誌作りの為の解決策をご紹介します。


上記で問題になるのは、配布した印刷物のバックナンバーを閲覧できない点があります。気になる記事を見つけても、過去の配布物は捨ててしまった…本はあるのだがどこに書いてあるのか分からない。閲覧者側の悩みはそんな所でしょうか。

「Logosware Libra」を利用すると過去発行分の公開が簡単です。

「Logosware Libra」とは?

スキル不要

運用に特別なスキルは不要です。


自治体の広報誌を中心に、広報誌のインターネット公開を簡単に行う事が可能なシステムです。

広報誌の公開から製品マニュアルの公開等、制作物を広く公開したいとの要望を叶える事が出来ます。

Web制作のスキルが無い私でも、簡単に公開・更新を行う事ができます。


印刷物の配布をしながら電子化と併用してバックナンバーの公開を併用する事で、閲覧者が広報誌を見る頻度を高める事が出来ます。

アンケートを取る場合も、ネットで回答の方か答えやすいですよね。

こちらの記事もどうぞ:本棚システムのご紹介

こんな所で利用されています。

logo_osaka

Logosware Libraで広報誌を公開中です。

大阪市様では、区毎に広報誌がありますが、それをまとめた本棚として「Logosware Libra」を利用しています。

区の広報誌の他にも、くらしの便利帳や、財政についてなど、大阪市民の生活に密着した情報を配信しています。 「Logosware Libra」では全てのブックから検索が可能ですので、大量の情報の中で必要な情報に、数ステップでアクセスが可能です。

大阪市様の場合はバックナンバーの公開をしていませんが、他導入先の「豊島区様(東京都)」では過去5年分のバックナンバーを公開しています。

最新版を追加する事で自動的にトップに表示されますので、ホームページ作成に詳しくない人でも簡単に運用が可能です。

準備するものは原稿のPDFだけ!簡単に始められます。

【大阪市様デジタル本棚サイト】

まとめ

閲覧者の立場になって考えてみると、過去の情報を確認したい時が多々あるはずです。

広報誌をもっと閲覧してもらうために、印刷物の配布とバックナンバーの電子化を平行して行いましょう!

Logosware Libra 製品ページ

Webサイトに分散したドキュメントを一括管理する方法

The following two tabs change content below.

秋永

FLIPPER,Libraセールス担当 便利な製品をもっと知ってもらいたい! そう思いながら日々製品をご紹介しています。
カテゴリー: SUITE(学習コンテンツ作成ソフトウェアパッケージ) パーマリンク

コメントは停止中です。