FLIPPERのグレードごとの機能の違いを徹底解説!


FLIPPER UのWebサイトを見てみたけど、どのプランで何ができるのかいまいちよく分からない。
ですよね。分からないですよね。ややこしいですよね。
今回は、そんなFLIPPER Uの料金プランごとの機能の違いを徹底解説します。

■ひとつのFLIPPERを複数のパソコンで利用したい場合は「プリペイド」か「従量課金」を選ぼう

FLIPPER Uの料金プランには大きく分けて「定額」か「使っただけ支払う」かの2種類があります。この2つで異なるのは、FLIPPER Uをインストールできるパソコンの台数です。

定額プランは、1台のパソコンのみで利用できます。
対して、使っただけ支払うプランの方は、複数台のパソコンで利用できます。

ひとつのFLIPPER Uを複数のパソコンで利用したい場合は「プリペイド」か「従量課金」を選びましょう。機能制限はありません。

インストールできる台数以外は、以下の「エキスパート」と同じ機能です。

■定額には機能が制限された「レギュラー」と「バリュー」がある

定額にはフル機能のものと機能制限があるものがあります。

フル機能のものは「エキスパート」、機能制限があるのは「レギュラー」と「バリュー」です。
では、その違いを見ていきましょう。

■プレイヤーデザインをカスタマイズしたい場合はフル機能版の「エキスパート」または「プリペイド」か「従量課金」

フル機能版でしかできないことは、プレイヤーデザインのカスタマイズです。

ロゴスウェアで特注したプレイヤースキンやお客さま自身でデザインしたプレイヤースキン※1を使うことができるのはフル機能版だけなのです。

あと、英語版のプレイヤーを使いたい方もフル機能版を選びましょう。
英語版のプレイヤーはプリインストールされていないため、追加でインストールする必要があります。スキンの追加をできるのはフル機能版のみなのです。

つまり、フル機能版では以下の3つを利用できます。

  1. ロゴスウェアで特注したプレイヤースキン
  2. お客さま自身でデザインしたプレイヤースキン※1
  3. ロゴスウェアが提供している「追加インストール」用のプレイヤースキン(現状、英語版スキンのみ)

プレイヤーデザインをカスタマイズしたい場合と英語版のプレイヤーを使いたい場合は、フル機能版の「エキスパート」(または「プリペイド」か「従量課金」)を選びましょう。

※1:デザイン変更用スキン「着せ替えスキン」を利用して、プレイヤーのデザインやボタンの文字などの見た目を変更できます。

■「レギュラー」はプレイヤーデザインをカスタマイズ出来ないだけ。その他の機能は全部使える。

「エキスパート」の説明で挙げたプレイヤーデザインのカスタマイズは、「レギュラー」では出来ません。(あと英語版プレイヤーも使えませんね)

機能制限版では、プリインストールされているプレイヤーデザインのみを使えます。

ただ、「レギュラー」には基本的なプレイヤーは入っているので、プレイヤーデザインを凝ったものにしたい方でなければ「レギュラー」はおすすめです。(エキスパートに比べて価格が安いので。)

プリインストールされているプレイヤースキンはこちらで確認できます。
7種類ありますね。

■スマホ・タブレットで見れなくてもOK、閲覧解析もしないよ、という方は「バリュー」がお得

定額の中で一番安いけど、ちょっと機能制限が多めなのが「バリュー」です。

<バリューの機能制限>

  1. スマホ・タブレットでブックが見られない
  2. 閲覧解析機能(GoogleAnalytics、ヒートマップログ解析、スコア機能)が使えない
  3. チラシ専用プレイヤーが使えない
  4. プレイヤーにLOGOSWARE FLIPPER のロゴが入る

作ったデジタルブックはパソコンでしか見られなくてOKで、誰が見たかといった閲覧解析をする必要がない場合、バリューはお得です。たとえば、CDなどに焼いてデジタルカタログを配布する場合などにはバリューで事足りることも多いでしょう。

反対に、

  • スマホ、タブレットでも見せたい
  • 閲覧解析をしたい
  • チラシを作るんだ
  • LOGOSWARE FLIPPERのロゴが入るのはまずい

という方は、「バリュー」以外のプランを選びましょう。

まとめ

支払い方法など色々ごちゃまぜで書いてあるからややこしく見えるFLIPPER Uの料金プランですが、機能の違いは実はそんなにないことがお分かりいただけましたか?

・「プリペイド」「従量課金」「エキスパート」は機能制限なし
・機能制限があるのは定額の「レギュラー」「バリュー」のみ
・「レギュラー」はプレイヤースキンが追加できないだけ

ざっくり言うとそんな感じです。

機能の違いが分かったら、あとは価格の比較ですね。
どれが一番お得なのか。
これまたややこしいので…とりあえず、ロゴスウェアの営業に相談してみてください m(_ _)m
無駄に高いものを売りつけたりしない会社なので、お客さまのソフト利用頻度などに応じておすすめのものを提案してくれることでしょう。

●FLIPPER Uの価格を見てみる≫
●問い合わせてみる≫

※この記事での「定額」には、「月払い定額」「年間定額」「パッケージ(買取)」の3種類を含んでいます。
※スキンというのは、プレイヤーの見た目や機能などを変えるためのものです。

The following two tabs change content below.

野呂 綾子

デザイナー。WordPressを使ったWebサイト制作を担当してます。ロゴスウェア製品のデザインカスタマイズも承っております☆ ロゴスウェア株式会社勤務
カテゴリー: FLIPPER(デジタルブック作成ソフト) パーマリンク

コメントは停止中です。