講座を作って割り当ててみよう!その1~講座の作成~


LOGOSWAREチャンネル・ナビゲーターの三木です。

Platonは製品の性質上、
デモサイトで「受講者機能」をお試しいただくことはできても「管理機能」をお試しいただく機会は多くありません。
でも…「大規模なeラーニングでも簡単に管理・運営できる」ことはPlatonのメリットの1つ!

そこで先日のLOGOSWAREチャンネル「eラーニングが学びを変える!」で実演した
「Platonに講座を作って教材を登録し、受講者に割り当てる」作業を3つの記事にわたってご紹介していきます。

今日は第1弾!講座の作成をしてみましょう!

 


 

【はじめに】
・今回は、LMSの基本設定や受講者の登録は済んでいるものとします。
・必要最低限の項目のみ設定し、操作の概要をご紹介します。

 

【Platonに講座を作りましょう】
「講座」とは、受講者の学習期限や学習進捗を管理する単位です。
受講者には講座単位で学習割当を行います。

1)講座の新規登録
管理画面に管理者アカウントでログインします。

[講座]タブ>[講座一覧]タブ>【新規登録】ボタン をクリック

 

2)講座情報の登録

講座の基本情報を登録します。
1.講座カテゴリーをプルダウンから選択
2.講座名を入力

講座の公開情報を登録します。
3.「公開する」のチェックボックスをチェック

講座を保存します。
4.【保存】ボタンをクリック

 


新しい講座が登録され、講座一覧に反映されました!

 


 

あっというまに講座を作成することができましたね♪
…でも、この講座はまだ空っぽ。入れ物だけの状態です。
次回はこの講座に「教材の登録」を行いますのでお楽しみに!

※カテゴリーのことなど、もう少し詳しい設定が知りたい!という方は
「Platon管理画面操作マニュアル」もご参照くださいね。

 

 

カテゴリー: Platon(カリキュラム型ラーニングシステム) パーマリンク

コメントは停止中です。